2018年12月18日(火) 05:00 JST

拡張現実感の建築分野への応用ページを更新しました 2012年11月

  • 印刷用ページ
  • 2012年11月22日(木) 16:15 JST
  • 投稿者:
    ゲストユーザ

拡張現実感(AR/MR)の建築分野への応用のページに、拡張現実感の没入感の向上に関する内容を追加しました。仮想物と実物との前後関係問題(オクルージョン問題)の解決手法と、ARにおける仮想物の位置合わせ精度の安定化手法について記述しています。今後も引き続き拡張現実感の建築分野への応用の研究を行なっていきますので、ご期待ください。

その他デモ(画像有)のページを更新しました 2012年7月

  • 印刷用ページ
  • 2012年7月17日(火) 22:10 JST
  • 投稿者:
    ゲストユーザ

その他デモ(画像有)のページに、2011年修士論文として取り組んだ「樹木の生長モデルに基づいた木材テクスチャ生成に関する研究」と「深度センサ付きカメラを利用した文化財の三次元復元」の画像デモを追加しました。前者の研究では、内部の連続性などの要因から、自然に表現することが難しい木材のCG表現のリアリティを向上するため、木材の自然な断面テクスチャを生成するシステムを開発しました。また後者の研究では、Kinectを利用して文化財の三次元形状計測を試み、その実用性を検証しました。本研究室では、今回ご紹介する研究のように、プログラミング言語が扱えないと難しいけど、建築を専門とする人がこれができたらいいのに、と思うような研究に精力的に取り組んでいます。どちらも面白い研究ですので、ぜひご覧ください。

新規ページのご紹介と更新のお知らせ 2012年6月

  • 印刷用ページ
  • 2012年6月30日(土) 11:47 JST
  • 投稿者:
    ゲストユーザ

拡張現実感(AR/MR)の建築分野への応用では、これまでに本研究室で取り組んできた拡張現実感に関する研究について紹介しています。加えて、動画デモのページにCADからARに重畳するオブジェクトを操作できるシステムのデモ動画を掲載しました。ここでは、CAD上からARで重畳する3Dオブジェクトの配置・移動・変更・削除などの操作を可能とすることで、より意思決定・合意形成に効果的な検討を実現しました。

本研究室ではこれまでにも拡張現実感を応用したインテリアシミュレータや景観シミュレータなど、様々な応用方法を提案してきましたが、今後も建築向けの実用的な拡張現実感システムの開発に取り組んでいきたいと考えています。ご期待ください。


また、建築物のデジタルアーカイブ化に関する研究に、三次元プリンタによる法華経寺五重塔五層目のスケール模型化の様子を追加しました(こちらです)。少し更新のタイミングが開いてしまいましたが、現在、五層目の模型については屋根部の小屋組が組み終わったあたりです。近々に全体像についてもアップする予定です。

動画デモページを更新しました 2012年5月

  • 印刷用ページ
  • 2012年5月26日(土) 17:57 JST
  • 投稿者:
    ゲストユーザ

動画デモページに、拡張現実感を利用した景観シミュレーションを追加しました。本研究室でこれまでに公開してきたARデモは、屋内空間でのシミュレーションを扱ったものでしたが、実は、屋外空間を対象としたARの研究も行っています。このデモでは、屋外の広域な空間を対象として、拡張現実感(AR)を利用した景観シミュレーションを行いました。このデモのように、実物大の建築物のCGを景観検討の対象となる敷地に重畳することで、リアリティのあるシミュレーションが可能になります。利用しているデバイス類はスマートフォンなどにも搭載されているので、今後は手軽な機材を利用したシステムの構築にも取り組んでいきたいと考えています。

アルゴリズミック・シティのページを更新しました 2012年3月

  • 印刷用ページ
  • 2012年3月 7日(水) 12:00 JST
  • 投稿者:
    ゲストユーザ

アルゴリズミック・シティのページを更新しました。 前回行なった集落発生位置予測のアルゴリズムに改良を加え、次のステップ「自然発生的な街道」の生成を行ないました。 下の意味ありげな絵ですが、これが街道の”素”のようなものです。詳しくは こちらのページ をご覧ください。


Twitter ・ Facebook

Twitter 平沢研究室アカウント FaceBook 平沢研究室ページ

アクセスカウンタ

7,416,952