2018年7月16日(月) 10:05 JST

2016年度第4回GDL講習会

  • 印刷用ページ
  • 2016年5月26日(木) 20:55 JST
  • 投稿者:
    ゲストユーザ

今年も恒例のシェルコンテストを行いました。今年は個性的な作品が多く提出されました。

image image image
image image image

2016年度第3回GDL講習会

  • 印刷用ページ
  • 2016年5月 9日(月) 19:23 JST
  • 投稿者:

3回目となる今回は、シェルの作り方を学びます。GDLを用いて、自由なシェルをモデリングしていきます。

放物線シェル 球面

2016年度第2回GDL講習会

  • 印刷用ページ
  • 2016年4月26日(火) 16:23 JST
  • 投稿者:
    ゲストユーザ

第2回では三角関数などを使って、傾いた部品を持つ物をモデリングしました。

image image

2016年度第1回GDL講習会

  • 印刷用ページ
  • 2016年4月19日(火) 18:09 JST
  • 投稿者:
    ゲストユーザ

本年度も教科書を用いてモデリングの講習を進めていきます。本ページでは、講習会でのモデリング課題とその解答例を載せていきます。第1回目の講習会ではWall Clockと腰掛け蟻継(+めちいれ)のモデリングを行いました。

images images

角材から多面体を切り出してみた

  • 印刷用ページ
  • 2016年4月15日(金) 17:00 JST
  • 投稿者:

20160425 更新
Mac系で動画再生を可能に

20160418 更新
静止画を動画に変更

本年度のGDL講習会も無事始まりました。4年生はここからスタートでまだなにも出来ませんが、一年後には目を見張るほどの成長を遂げているはずで、いまから楽しみです。

最近、共同研究の打合せ会議用に、人工技能研究に関係してちょっとした技術デモンストレーションを制作しましたのでご紹介します。上の写真は正12面体1個と正20面体2個を並べたものですが、表面のテクスチャをよく観察すると木材から切り出したものであることが分かると思います。少し前の記事「研究テーマのリバイバル」から写真を引用してみましょう。こちらはCGです。

これらを対比してみると、CGのモデリングが現実をうまく表現していることがわかります。使える手法であることが実証的に確認できました。

さて、


Twitter ・ Facebook

Twitter 平沢研究室アカウント FaceBook 平沢研究室ページ

アクセスカウンタ

7,276,686