2019年1月17日(木) 01:11 JST

動画で裸眼立体視

  • 印刷用ページ
  • 2007年9月10日(月) 19:38 JST
  • 投稿者:

2つのWEBカメラをうまくつかうと裸眼立体視ビデオを作成できます。とはいえ、左右カメラの位置あわせはなかなか難しいものです。院生のK君にちょっとしたマウントを作ってもらいました。作例は近々動画デモのページで公開します。(注:動画デモにすでに掲載しています。)

さて、この裸眼立体視用ツインカメラ、コストはどれほどでしょうか。

実はこのカメラ、XBOXというゲーム機専用です。これがWindowsXPでも使えます。1台4000円程度ですが、そこそこきれいな動画を撮れます。ピント合わせがマニュアルなのはお値段から考えれば仕方ありません。

いずれはiSightのようなオートフォーカスな少し高級なWEBカメラで改良版を作りたいと考えています。3倍以上高くなってしまいますが。

こういうお手軽なおもちゃでも、少し手を加えると実用的な道具に仕立て上げられるのがおもしろいところです。

動画デモページ更新しました

  • 印刷用ページ
  • 2007年9月10日(月) 19:34 JST
  • 投稿者:

WEBカメラは近距離からオペレーターの顔を写すことを目的としているため、広角タイプのものが多いです。機種によってはデバイスドライバで補正している場合もありますが、ひどく歪んだままのものもあります。歪んだまま複合現実感に応用すると違和感があります。そこで補正することになります。 デモページ

このデモで使っているカメラは少し前人気の高かったCreativeLiveUltraです。受光体部分に障害があるようで赤いノイズが出ていますが、これは補正とは関係ありません。

さて、HMDで表示することを考えると、HMDは割と狭い画角(レンズでいえば望遠タイプ)をもっているため、歪みのひどい外周部は使われません。PC側の能力が劣る場合(ex.モバイル機種)には歪み補正処理をキャンセルして良い場合もあります。

このあたり、カメラの画角とHMDの画角の調整については、またいつか。

五重塔の実測調査

  • 印刷用ページ
  • 2007年9月10日(月) 19:15 JST
  • 投稿者:
千葉県市川市の法華経寺、五重塔の実測調査に行ってきました。

今回の実測調査では、コンピュータービジョンという技術を用いて調査してきました。
(続きは全文表示をクリック)

’07発表会の様子 -学生版-

  • 印刷用ページ
  • 2007年9月10日(月) 02:29 JST
  • 投稿者:
GDL言語(ArchiCADのスクリプト言語)を使っての作品の発表会がありました。学生の発表の一部を紹介します。(続きは全文表示をクリック)

’07発表会の様子

  • 印刷用ページ
  • 2007年9月10日(月) 02:19 JST
  • 投稿者:
復旧中につき一部リンクが切れています。ご迷惑をおかけします。
更新:
2007/08/27 C60の分子模型を追加しました。


毎年、4年生が4~6月の間に学んだGDL言語(ArchiCADのスクリプト言語)を使って作品を発表しています。今年は6月29日に行われました。大学院の学生もそれぞれ作品を発表します。これらはいずれまとめてホームページ上で紹介されるでしょう。

さて、(続きは全文表示をクリック)

Twitter ・ Facebook

Twitter 平沢研究室アカウント FaceBook 平沢研究室ページ

アクセスカウンタ

7,442,051