2018年9月26日(水) 05:29 JST

コッホ曲線

  • 印刷用ページ
  • 2009年2月 4日(水) 12:34 JST
  • 投稿者:

ハノイの塔もナイト・ツアーも、有名なパズルはその計算量が半端じゃないですね。Prologだと直感的にプログラムが書けるのはよいですが、成果の確認に余計な手間が掛かることがあります。結果を待っている間にC/C++で書き直せそうです(笑)。新しいパズルへの挑戦はひと休みにして、グラフィックにPrologが使えるか、ちょっと考えてみました。

最近、建築の世界ではアルゴリズミックデザインという言葉が流行っています。どうして今頃流行るのか理由は定かでないですが、うちの研究室でもfDLAなんてものを考案していろいろ試行錯誤しています。fDLAについては、このリンク先をご覧ください。


(全部読むには 全文表示 をクリックしてください。)

The Knight's Tour(ナイト・ツアー)

  • 印刷用ページ
  • 2009年1月30日(金) 17:00 JST
  • 投稿者:

もう少し建築にも使えそうなパズルをPrologで解いてみることにしました。

前の記事にも書きましたが、Prologの教科書の定番にNクイーン問題があり、これはチェス盤の駒配置のパズルです。チェス盤のパズルではナイト・ツアー(Knight's Tour)も有名です。下手な説明をするのもなんなので詳しくはWikiPediaの説明に譲ります。


(全部読むには 全文表示 をクリックしてください。)

XPCE/Prolog ~ ハノイの塔 2D

  • 印刷用ページ
  • 2009年1月16日(金) 00:00 JST
  • 投稿者:

ハノイの塔の3D版を前回紹介しました。SWI-Prolog関連のドキュメントは割としっかりしていて、XPCE/PrologというSWI-Prolog専用(?)のGUI構築開発環境についても詳しい解説が用意されています。今回はこのXPCE/Prologを試してみました。


(全部読むには 全文表示 をクリックしてください。)

Prologは使えるか?

  • 印刷用ページ
  • 2009年1月 4日(日) 23:21 JST
  • 投稿者:

あけましておめでとうございます。2009年最初の記事です。たいそうなタイトルがついていますが、答えはいうまでもなく「使える」です。なんでもPrologのユーザ数はここ20年ほぼ横ばいとか。真偽は不明ですが、根強い人気があるのでしょう。ここでは、建築屋にも使う価値あるのか?という限定した話です。

さて、現在の研究室ではRDB(PostgreSQL)を積極的に使っていますが、かなり以前(本学に異動するずっと前のことです)には高速に動作するRDBとしてPrologを使っていました。懐かしい。SWI-Prologがいろんな意味ですごいという話をネットで見かけて、冬休みの頭の体操に現代のPrologをちょっと触ってみることにしました。


(全部読むには 全文表示 をクリックしてください。)

ご来場ありがとうございました

  • 印刷用ページ
  • 2008年11月 4日(火) 14:45 JST
  • 投稿者:

大学祭とあわせて、平沢研究室オープンラボ「建築でコンピュータしよう!」を開催しました。多数のご来場ありがとうございました。

五重塔を飛び出すスクリーンで見ていただいたり、複合現実感技術を用いたインテリアシミュレータを使っていただいたりと、建築とコンピュータとのコラボレーションをわかりやすく紹介できたと思います。とはいえ、さりげなく題材につかわれている五重塔が構法的な検証を経ているものであることはビジュアルには表現できません。次回は、そういう観点からも見ていただければと思います。

次回のオープンラボは、来年8月の高校生向けのオープンキャンパスに併せて開催します(予定)。

オープンキャンパス   オープンキャンパス   オープンキャンパス   オープンキャンパス


Twitter ・ Facebook

Twitter 平沢研究室アカウント FaceBook 平沢研究室ページ

アクセスカウンタ

7,353,890