2018年12月18日(火) 05:12 JST

角材から多面体を切り出してみた

  • 印刷用ページ
  • 2016年4月15日(金) 17:00 JST
  • 投稿者:

20160425 更新
Mac系で動画再生を可能に

20160418 更新
静止画を動画に変更

本年度のGDL講習会も無事始まりました。4年生はここからスタートでまだなにも出来ませんが、一年後には目を見張るほどの成長を遂げているはずで、いまから楽しみです。

最近、共同研究の打合せ会議用に、人工技能研究に関係してちょっとした技術デモンストレーションを制作しましたのでご紹介します。上の写真は正12面体1個と正20面体2個を並べたものですが、表面のテクスチャをよく観察すると木材から切り出したものであることが分かると思います。少し前の記事「研究テーマのリバイバル」から写真を引用してみましょう。こちらはCGです。

これらを対比してみると、CGのモデリングが現実をうまく表現していることがわかります。使える手法であることが実証的に確認できました。

さて、

動画デモを更新しました

  • 印刷用ページ
  • 2016年4月 8日(金) 12:00 JST
  • 投稿者:
    ゲストユーザ

2015年度卒業論文、修士論文のプレゼンテーション動画を4本追加しました。

動画デモのページ


2015年度修士論文発表会が行われました

  • 印刷用ページ
  • 2016年4月 6日(水) 15:22 JST
  • 投稿者:
    ゲストユーザ

こちらも年度が変わってしまいましたが、昨年度(2015年度)の修士論文の報告です。本研究室からは4名の学生が修士論文の発表を行いました。内容を簡単に紹介します。

  • ビジュアルプログラミングによる伝統木造の構法表現に関する研究
  • 可動テンセグリティ構造の建築利用に関する研究
  • 多関節ロボットを用いた伝統木造構法の部品加工に関する研究
  • 五軸加工機による木質軸材の加工に関する研究

2015年度卒業論文発表会が行われました

  • 印刷用ページ
  • 2016年4月 6日(水) 12:00 JST
  • 投稿者:

年度が変わってしまいましたが、昨年度(2015年度)は、本研究室から2名の学生が卒業論文の発表を行いました。それぞれの内容を簡単に紹介します。

  • 生体テンセグリティの設計手法 -肘関節を模した可動テンセグリティによる構造体の提案-
  • タイルの自動施工に関する基礎的研究

2016年度GDL講習会開講のお知らせ

  • 印刷用ページ
  • 2016年4月 3日(日) 22:09 JST
  • 投稿者:
    ゲストユーザ

今年度もGDL講習会を開講いたします。


開講は4月15日金曜日16:10を予定しております。以降毎週金曜日16:10に講習会を行います。

講習会ではGDLを毎週段階的に学びながら、中間発表会(シェルコンテスト)GDL運動会に出品するところまでやり遂げて頂くという条件を設けているので、昨年の記録などを参考にして受講を希望して下さい。

受講資格者は原則として千葉大学建築学科の4年生としますが、人数の上限(10名程度)に余裕があれば、千葉大学建築学生、同修士、他大学建築学生(修士)、その他社会人の順に受講できるよう対応する予定です。

なお講習会ではGDLプログラミングマニュアルをもとに講義を進めていきます。 こちらはkindle版となっており、お手持ちのパソコン、スマートフォンなどのビューアでご覧になれます。

受講を希望する方は初回の講義までにhirasawalab.chiba.univ◆gmail.com (※「◆」を@に変えてください) までご連絡ください。


Twitter ・ Facebook

Twitter 平沢研究室アカウント FaceBook 平沢研究室ページ

アクセスカウンタ

7,416,972