2020年5月31日(日) 03:19 JST

タイルの自動施工に向けたタイル色分類 -AI(機械学習)メモ vol.2

  • 印刷用ページ
  • 2020年4月15日(水) 15:03 JST
  • 投稿者:

AI(機械学習)メモ vol.2では、Deep Learning版の画像分類をタイル施工におけるタイル色分類に導入した例(タイルパターンの設計と自動施工に関する研究、日本建築学会大会(北陸)、学術講演梗概集、(社)日本建築学会、2019.9)について紹介します。下図のように多関節ロボットでタイル施工をしてみる、という研究で何色かのカラータイルを並べモザイクタイルを作ることを試したのですが、タイルを拾い集める際に、そのタイルの色を分類することにDeep Learningを適用した、という例です。所謂CNN(Convolution Neural Network:畳み込みニューラルネットワーク)です。この画像は犬?猫?の代わりに、赤タイル?青タイル?という分類をしています。


建築情報の画像検索システム -AI(機械学習)メモ vol.1

  • 印刷用ページ
  • 2020年4月 1日(水) 16:37 JST
  • 投稿者:

はじめに

研究室では現場支援やAR/MR/VRなどのxR系の研究で、マーカトラッキングや三次元復元(SfM)などを良く扱っています。例えばマーカトラッキングでは、映像に含まれるマーカを探し、それとカメラとの相対的な位置関係を求める、といった処理が行われているのですが、このように映像から元の世界の情報を得ようとする技術をコンピュータビジョンと呼びます。最近では、このコンピュータビジョンにも深層学習(深層学習はAI・機械学習の一種)が導入されるようになっていて、「この写真は犬?猫?」といった画像の分類を行う深層学習はニュースなどで目にしたこともある方も多いかと思います。

さて、機械学習はなかなかパワフルで、当研究室で研究しているテーマでも諸問題の解決に導入することが増えてきました。ただ、各テーマの中でスポットで使うという場合が多く、これまであまり紹介する機会がありませんでした。ということで「AI(機械学習)メモ」シリーズでは、これまでないし今取り組んでいる研究テーマについて、AI(機械学習)に重心を起きつつ、使っているAI(機械学習)関連技術の紹介を試みようと思っています。


     

検索対象の例(サヴォア邸)


ということで「建築情報の画像検索システム」(画像をクエリとした建築情報検索システムの実現に向けた類似画像検索技術の検証、日本建築学会技術報告集、第19巻 第42号、pp.775-778、2013.6)について。



日々の記事

Twitter ・ Facebook

Twitter 平沢研究室アカウント FaceBook 平沢研究室ページ

アクセスカウンタ

7,879,911