2020年8月14日(金) 10:40 JST

建築学会大会(東海)に参加してきました

  • 印刷用ページ
  • 2012年9月14日(金) 20:20 JST
  • 投稿者:
    ゲストユーザ

建築学会大会(東海)に参加してきました。今回、本研究室からは8本の発表がありました。研究テーマもバリエーションに富んできたように感じます。プレゼンテーションで用いたビジュアルから、概要を紹介します。発表したタイトルは このページ口頭発表の欄をご覧ください。

img img img img img

3D&バーチャル リアリティ展に出品しました

  • 印刷用ページ
  • 2012年6月27日(水) 10:17 JST
  • 投稿者:

先日、東京ビックサイトで行われた「3D&バーチャル リアリティ展」のラピッドプロトタイピング・3Dプリンタ ゾーンに、当研究室で作成した法華経寺五重塔五層目の1/15スケール模型とテンセグリティ照明を出品しました。出品といっても個別のブースを設けたわけではなく、日頃お世話になっている業者さんのブースで、ユーザー作品といった形で展示されました。

法華経寺五重塔五層目の1/15スケール模型は当研究室で行われている「建築物のデジタルアーカイブ化に関する研究」において作成しているもので、三次元プリンタを使って作成している五層目の方のものです。この記事の掲載に合わせて製作過程についても更新しますのでぜひ御覧ください。

テンセグリティ照明は、昨年度「TOKIWAファンタジア’11 イルミネーションコンテスト」に出展したテンセグリティ照明の、6本ロッド照明の部分です。三次元プリンタによってロッドとワイヤの接合部を兼ねたLEDマウントを出力しています。このマウントでは、ロッドとワイヤからなるテンセグリティ部分を解体せずに、LEDの交換を行うことができるように設計に工夫がされています。

三次元モデルをCADで作成するとき、見た目だけではなくて、納まりや加工性、材料の歩留まりなど考慮しつつディテールを詰めていくのは、大変ですがとても面白いことです。

すてきな賞をいただきました

  • 印刷用ページ
  • 2012年2月17日(金) 14:03 JST
  • 投稿者:

建築物のデジタルアーカイブ化に関する研究で作成した法華経寺五重塔初層の模型が、ローランド ディー.ジー.株式会社さま主催のクリエイティブ・アワード2011日本支部優秀賞をいただきました。

以下、関連するリンクです。

関係者一同充実感に浸っております。どうもありがとうございました。そういえば、こちらの受賞といい、研究をまじめに進めた結果の副産物である作品が高く評価されるのはとてもうれしいです。研究も高く評価されていると思えてきます。

あけましておめでとうございます 2012年1月

  • 印刷用ページ
  • 2012年1月 1日(日) 00:00 JST
  • 投稿者:

2012年も楽しく研究します
HLABメンバー 一同

TOKIWAファンタジア’11 イルミネーションコンテストに参加してきました

  • 印刷用ページ
  • 2011年12月16日(金) 20:27 JST
  • 投稿者:
    ゲストユーザ

宇部かたばみライオンズクラブ賞優秀技術賞を受賞しました。 2012/01/05追記


 本州は最西端、山口県宇部市にある、ときわ公園が毎年開催しているイルミネーションコンテストに当研究室からも作品を応募しました。もはや今年の研究室のトレンドになりつつあるテンセグリティですが、こちらの照明もテンセグリティとC60フラーレンを組み合わせたものになっています。テンセグリティの持ち味ともいえる「浮遊感」にこだわって、大量に球型テンセグリティを作成しました。一目見ただけで分かる方もいらっしゃるかと思いますが、このテンセグリティというものを正しく作ることは、なかなかに難しいんです。
 続きで、製作過程を追ってご説明いたします。


Twitter ・ Facebook

Twitter 平沢研究室アカウント FaceBook 平沢研究室ページ

アクセスカウンタ

7,957,823