2018年11月15日(木) 21:37 JST

千葉大学 平沢研究室のウェブサイトへようこそ

当研究室では建築学の分野を限定しないコンピュータ利用を研究しています。アルゴリズミックデザインデジタルアーカイブテンセグリティロボットAI人工技能が最近のキーワードです。

上のメニューから各コンテンツにアクセスできます。 研究室の概要や入室希望の学生に対する案内は「平沢研究室について」をご覧ください。研究内容については、ある程度まとまった報告を「研究報告・デモ」に、日々の活動を「日々の記事」にブログ形式で綴っています。日々の記事の細分類に関しては右ブロックのカテゴリからもアクセスできます。

人工技能とは人の技能を機械で実現することです。例えば「左官仕上げ用ロボット」のようなものをイメージしてください。

オープンラボ(2018秋)のご報告

  • 印刷用ページ
  • 2018年11月 8日(木) 18:45 JST
  • 投稿者:
image

今年も多くの方にご来場いただきありがとうございました。下記に当日の会場の様子を紹介させていただきたます。

雑誌記事の転載

  • 印刷用ページ
  • 2018年10月19日(金) 12:25 JST
  • 投稿者:
『神籬Vol.58』(西垣林業株式会社発行

かなり昔、ロシアのCAD雑誌に1ページの紹介記事が掲載されました。それ以後、活発とはいえませんが定期的にインタビューされる機会があり、昨年は日経アーキテクチャなどでも記事になりました。

一月ほど前、西垣林業株式会社が発行する『神籬Vol.58』という雑誌(林業関係)で、インタービューをベースに記事にしてもらいました。

建築学会大会(東北)に参加してきました

  • 印刷用ページ
  • 2018年10月 2日(火) 17:50 JST
  • 投稿者:

仙台にて行われました建築学会大会(東北)に参加してきました。本研究室からは以下のタイトルにて情報システム技術で6本、材料施工で3本の計9本の研究発表を行いました。その内容を簡単に紹介したいと思います。

  • 建築VRのためのCADとゲームエンジン連携 その1、2
  • 一軸付加により加工範囲を拡大した多関節ロボットによる建築部材の制作
  • オートエンコーダを用いた外構設計情報の管理とクラスタリングに関する研究
  • 五軸加工機を用いた木質ドーム制作のワークフロー その1、2、3
  • 建築分野における三次元プリンタ活用の家具制作を通した考察
  • ソリッドテクスチャリングを用いた木材の表現に関する研究

また、平沢先生が研究協議会「ICTによるコンクリートの生産革命」のパネリストとして参加し、「建築分野におけるAI活用展開の可能性」というタイトルで本研究室で行ったAI研究の紹介を行いました(このウェブサイトでもAI活用に関連する取り組みを卒業論文の紹介や大会参加報告などで紹介してきましたが、近い将来、これらの取り組みをまとめたページを作成する予定です)。

手摺 ポリゴンチェア ソリッドテクスチャ

Twitter ・ Facebook

Twitter 平沢研究室アカウント FaceBook 平沢研究室ページ

アクセスカウンタ

7,393,260