2018年11月15日(木) 21:23 JST

棚・テーブルの製作

  • 2012年10月27日(土) 01:06 JST
  • 投稿者:

研究室移転から2年半ほど経ち、いろいろと研究機材も増えてきましたので、収納用の棚やテーブルを製作しました。


写真手前のテーブルから窓際の棚までが今回の製作物です。使用した材は、ほとんどが杉の三層クロスパネルです。板厚が36mmあるので結構な重厚感があり、クリアニスを塗っただけのシンプルな仕上げですが、木目が活きた綺麗な仕上がりになりました。



設計には当研究室お馴染みのGDLを使い、パラメトリックにモデリングしています。収納する機材などの寸法を考慮しつつ、棚・テーブルの全横幅が所定の位置に収まるよう、3D図面上で検討しながらそれぞれのパラメータを調節しました。施工性の都合などから施工中に細かな設計変更はありましたが、ArchiCADによるCGパースと完成後の写真を見比べてみると、おおよそ当初の予定通りに製作・設置ができたと思われます。

教員よりコメント

当研究室では定期的に木工家具を作っています。日頃研鑽を積んでいるモデリング技術の実課題への適用で能力確認の機会であることはもちろん、電動工具などを学生自らが実際に手にとることにより、ものづくりの本質に少しでも近づけるようにと願ってのことです。

オープンラボの機会には、学生達の造った家具もぜひご鑑賞ください。こちらの記事もあわせてどうぞ。

以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。